FC2ブログ

第14回東京フィルメックス受賞結果発表


FILMEX2013 

第14回東京フィルメックス受賞発表!
2013、11、30


最終日、ロビーに並んだ受賞作品の数々
受賞作品

受賞作品2


★第14回東京フィルメックスコンペティション部門

fc02main.jpg

『花咲くころ』
(ナナ・エクチミシヴィリ、ジーモン・グロス/グルジア、ドイツ、フランス/2013年/102分)
10代の少女たちの力強い生命力を、90年代前半のグルジア社会を背景に、エネルギッシュかつリアルに描き出した。


fc03main.jpg

『ハーモニー・レッスン』
(エミール・バイガジン/カザフスタン、ドイツ、フランス/2013年/115分)
授賞理由; 政治と文化の調和の在り方により生まれてしまう暴力性を、男性社会というメタファーで描いたその才能ある洞察力により、『ハーモニー・レッスン』 のエミール・バイガジン監督に審査員特別賞を贈ります。


★スペシャル・メンション

fc04main.jpg

『カラオケ・ガール』
(ウィッサラー・ウィチットワータカーン/タイ、アメリカ/2012年/77分)


fc10main.jpg

『トーキョービッチ,アイラブユー』
(吉田光希/日本/2013年/70分)


☆受賞理由
今年、審査員は、アジア映画の将来のために、これからが期待される2人の監督にスペシャル・メンションを贈ります。 カラオケ・ガールと呼ばれる風俗嬢に寄り添い、彼女の実生活を通して心の奥底までを描き出したことにより、『カラオケ・ガール』のウィッサラー・ウィチットワータカーン監督をスペシャル・メンションとします。
また、都市・東京を監督自身の哲学的な視線で見据え、人々の孤独とその中で彼らが関係をもつことの難しさを繊細に読み取った『トーキョービッチ,アイラブユー』の吉田光希監督をスペシャル・メンションとします。


第14回東京フィルメックス コンペティション審査員
モフセン・マフマルバフ(審査委員長:イラン/映画監督)、渡辺真起子(日本/女優)、イザベル・グラシャン(フランス/プロデューサー、ユニフランス中国支局長)、松田広子(日本/プロデューサー)



★観客賞

fc05main.jpg

『ILO ILO(英題)』
(アンソニー・チェン/シンガポール/2013年/99分)



★学生審査員賞

fc06main.jpg

『トランジット』
(ハンナ・エスピア/フィリピン/2013年/92分)


☆受賞理由
ドメスティックに絡まり合う現実に切実なテーマを映画的な方法で(視点・空間・時間を)紐解いて、私たちの前に広げて見せてくれました。終着地も定まらぬまま、ここで生きていく、ここで生きていきたいんだ、という強い決意が鮮明な生命(いのち)として、私たちをまるごと引っ掴み、今も離しません。

学生審査員:
中村祐太郎(多摩美術大学)、川和田恵真(早稲田大学)、須山拓真(青山学院大学)


(TOKYO_FILMeX_2013プレスリリースより)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画祭 - ジャンル : 映画

プロフィール

popasia

Author:popasia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR