FC2ブログ

「ASIA MUSIC CONNECTION 2012」ライブレポート

2012年3月11日・東京ドームシティホール
text:小西雄一

 東日本大震災から1年のこの日、「Asia Music Connection 2012」東京公演は開催された。

a ルー・グアンチョン
©ASIA MUSIC CONNECTION 2012 


 その意義は、ジョン・レノンの「イマジン」をBGMにした冒頭のメッセージ字幕に表現されていた、のではない。
 唐禹哲(タン・ユージャ/D.T)
VANNESS(呉建豪)が、このステージで自らの信仰に基づいて祈り、歌ったことだ。

タン・ユージャ
タン・ユージャ
©ASIA MUSIC CONNECTION 2012


VANNESS
VANNESS
©ASIA MUSIC CONNECTION 2012


 口先だけで哀悼の意を述べることはたやすい。そうではなく、自らの信念に基づいているからこそ、日本でも人気の高い彼等の真剣さがそこから伝わってくる。地震発生からすぐに被災者チャリティに立ち上がった台湾・香港の歌手が、1年後、日本で歌う意義は、声高に語らなくても観客に伝わったことだろう。大きな黄色い声援が一瞬途切れ、彼等の声に耳を傾け、同調する観客の姿がそれを示していた。


 さて、今回注目されてい たのは、初来日公演となったG.E.M盧廣仲(ルー・グアンチョン)だ。
 特に、現地台湾でも、その独特の風貌とプレイスタイルから高い評価と人気を得ている盧廣仲については、この「Asia Music Connection 2012」開催に向けて期間限定のファンクラブが結成され、その期待の高まりは大きいものとなっていた。彼のイメージカラーである黄色い蛍光棒が客席で存在感を示していたことからも、それが視覚として認識することができる。

 今回のラインナップでは唯一「香港」「女性」の出演者となったG.E.M(鄧紫琪)。「鉄肺小天后」とも称される彼女の声量で、カバー曲や広東語曲を駆使しての5曲で会場を盛り上げる。日本での知名度は、日本での活動もある唐禹哲やVANNESSとは比較するまでもないが、エンターテイナーとしての実力は他の出演者に引けをとらない盛り上がりだった。彼女については、YOUTUBEで動画ブログを頻繁に更新しているので、ぜひ確認をしてもらいたい。
(「G.E.M.'sVideo Blog」 http://www.youtube.com/user/GEMblog)

G.E.M
G.E.M
©ASIA MUSIC CONNECTION 2012


 そして盧廣仲
 ステージにはギター1本だけのシンプルな構成。だが、繊細さのある声と、時に激しくかき鳴らすギターのメリハリを聴けば、それがシンプルなのではなく、彼のスタイルだと気付くのにそう時間が必要ではないだろう。曲間に靴紐を結び直し、時折緊張する仕草が見受けられたものの、それさえも彼のマイペースなスタイルに連動しているように見えるから興味深い。先述した期間限定ファンクラブのメンバーをはじめとするファンは、既に彼のステージを台湾等で聴いていたりDVDでステージの進行を熟知しているようで、彼の一挙手に反応する様子は、現地でも熱狂的と言われる彼のファンそのものだ。直接、彼から初来日の感想を聞くこと は主催者都合で叶わなかったが、Facebookでの事後報告に目を通す限り、おそらく何らかの手ごたえを掴んだのではないだろうか。

e ルー・グアンチョン
ルー・グアンチョン
©ASIA MUSIC CONNECTION 201


c ルー・グアンチョン
©ASIA MUSIC CONNECTION 2012


 このステージで、日本からの出演者であるナオト・インティライミを含め、五者五様の個性あるステージを展開したことは意義深い。できることならば、開催三都市の出身国出演者、例えば東京公演ならナオト・インティライミがMCを務めてそれぞれのステージを有機的につなぐなどの演出があっていいのではないか。この10年、多くのアジア系国際交流ステージが開催されている。そのノウハウ蓄積を活用する時期にきているはずだ。

ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ
©ASIA MUSIC CONNECTION 2012


(追加情報)
東京公演の模様はJ:COMチャンネル HDで4月放映が決定されている。

(参考)
「ASIA MUSIC CONNECTION 2012」
http://asiamusicconnection.com/
スポンサーサイト



プロフィール

popasia

Author:popasia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR