FC2ブログ

イランの絵本展Vol.4 〜カーヌーンの絵本たち〜

IMG_7593.jpg

イランの絵本展Vol.4 〜カーヌーンの絵本たち〜
http://salamx2.exblog.jp/25863696/


板橋美術館で開催される【ボローニャ国際絵本原画展】の関連企画として開かれるイランの絵本展が今年も開催されます。(^-^)/

外の喧騒から一歩入った静かなギャラリーで、詩心あふれたイランの絵本の世界にうっとり時間のたつのも忘れてみてはいかがですか?



<イランの絵本展Vol.4 〜カーヌーンの絵本たち〜>少し大きい文字
日時:7月7日(金)〜18日(火) 
*12日(水)休み
11:30-19:00
場所:Café & Gallery Patina
175-0094 東京都板橋区成増3-20-16
03-6909-9524


以下、/salamx2 愛甲さんの紹介文より。

「ん?カーヌーン?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。
カーヌーン(Kanoon)は、図書館運営、出版、映画制作などを通じてこどもの知的発達をサポートするイランの複合的文化機関The Institute for the Intellectual Development of Children & Young Adultsの通称です。
やたらと長くてお固い名前ですけれども、51年も続く老舗の組織で、この鳥のマークは大変有名。
(これまでサラーム・サラームから絵本を買ってくださったことのある方!あなたの絵本にもこのマーク、ついていませんか?)


e0091706_22355232[1]


そのカーヌーンの出版部は、創立以来、革命も戦争も乗り越えながら数々の名作絵本を世に送り出してきました。カーヌーン抜きにイランの絵本は到底語れません。
今回は満を持してのカーヌーン特集。ありそうでなかった初の試みです。
草創期の情熱あふれる個性的な絵本から、今年のテヘランブックフェアで仕入れた最新の絵本まで、様々なカーヌーンの絵本をお楽しみください。


※イベント
「カーヌーンて何だろう?」


アッバス・キアロスタミ監督の初期の映画制作を支えたことでも知られるカーヌーンという組織について、サラーム・サラームの愛甲が、この5月のイラン旅行で撮影してきた写真などをお見せしながら解説します。
短編アニメーションの上映もありますよ!


「カーヌーンて何だろう?」
7月17日(月・祝)
14時〜15時
*先着20名
会費:500円(茶菓付き)
info@salamx2.comまでご予約ください。
(なお、イベント中は展示が見づらくなります。ご了承ください。)

さてさて、今年もPatinaにてお待ちしています!


Rostampur『鳥になりたかった女の子』(1994年)より
Rostampur『鳥になりたかった女の子』(1994年)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ギャラリー展示案内 - ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

popasia

Author:popasia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR