FC2ブログ

【特集上映 ツァイ・ミンリャン】決定


青春神話
『青春神話』



【特集上映 ツァイ・ミンリャン】
共催:台湾文化部、台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
『郊遊 ピクニック』(13)で、劇場公開のための長編映画製作からの突然の引退を宣言したツァイ・ミンリャン監督。その後は美術館で上映される短編作品の製作や、舞台演出に活動の場を移し、旺盛な創作活動を続けています。世界に衝撃を与えたデビュー作とキャリア初期の傑作に加え、貴重な上映機会となる『ヴィザージュ』、および日本初上映の短編作品を特集します。

会期:11/28(土)から12/4(金) 各日2回上映
会場:有楽町スバル座


『青春神話』
青少年哪.
台湾・1992
監督:ツァイ・ミンリャン

夜の台北を舞台に、刹那的に生きる若者たちを描いた青春群像劇。街で見かけたリー・カンション
を主人公の予備校生に起用し、映画史に残るコラボレーションの始まりとなった長編デビュー作。
東京国際映画祭ヤングシネマ部門ブロンズ賞、トリノ映画祭最優秀新人監督賞を受賞。

『愛情萬歳』
愛情萬歳
台湾・1994
監督:ツァイ・ミンリャン

孤独を抱えた3人の男女が、とある高級マンションの一室で奇妙な出会いを果たし、やがてすれ違
っていく。前作よりもさらにセリフや音楽を削ぎ落とし、独自の演出スタイルを確立させた。ヴェ
ネチア映画祭で金獅子賞を受賞し、世界にツァイ・ミンリャンの名を知らしめた作品。

『河』
河流
台湾・1997
監督:ツァイ・ミンリャン

首が曲がったままになるという息子の奇病をきっかけに、それぞれに秘密を抱えていた家族が絆を
取り戻すかに見えたが…。チェン・シャンチー、ミャオ・ティエン、ヤン・クイメイなど、ツァイ
作品の常連俳優が顔を揃える。ベルリン映画祭銀熊賞(審査員特別賞)受賞。

『楽日』
不散
台湾・2003
監督:ツァイ・ミンリャン

閉館の日を迎えた古い映画館では『血闘竜門の宿』(67)が上映されていた。主演しているミャオ・
ティエンとシー・チュンの姿もまばらな客席に見える。受付係の女の思慕は、映写技師の男に届か
ない…。ツァイの映画愛が散文のように綴られる。ヴェネチア映画祭でFIPRESCI 賞を受賞。

『ふたつの時、ふたりの時間』
你那邊幾點
台湾、フランス・2001
監督:ツァイ・ミンリャン

時計を扱う露天商の男が、パリに旅立つ直前の女と出会う。彼女とのささやかな思い出にとらわれ
た男は、台北中の時計をパリ時刻に合わせていく。一方,女は異郷で孤独な生活を送る。女がパリ
の公園のベンチで出会う男として、ジャン・ピエール・レオーが出演している。


ヴィサージュ
『ヴィサージュ』


『ヴィザージュ』

フランス、台湾、ベルギー、オランダ・2009
監督:ツァイ・ミンリャン

フランスで「サロメ」をモチーフに映画を撮ろうとする監督をめぐる夢幻的な世界。ルーブル美術
館を舞台にして、ジャン=ピエール・レオ、ファニー・アルダン、ジャンヌ・モローも出演。第10
回東京フィルメックスのオープニングで上映された。日本での劇場未公開作品。

『無色』
無色
台湾・2012
監督:ツァイ・ミンリャン

“行者(Walker)”シリーズの記念すべき第1 作。托鉢僧に扮したリー・カンションが超スローモ
ーションで台湾の群衆の中を歩く。マルセイユ映画祭でワールド・プレミア上映された。

『行者』
行者
香港・2012
監督:ツァイ・ミンリャン

“行者(Walker)”シリーズの第2 作。香港の様々な街角をリー・カンションが超スローモーショ
ンで歩く。『無無眠』と同様、香港映画祭のオムニバス企画『美好2012』の一編として製作され、
その後カンヌ映画祭批評家週間でも上映された。

『無無眠』
無無眠
台湾、香港・2015
監督:ツァイ・ミンリャン

全編が東京で撮影された“行者(Walker)”シリーズの最新作。リー・カンションが渋谷駅近くの
歩道橋を超スローモーションで歩くシーンに始まり、サウナでの日本人青年との出会いが描かれる。
サウナ客の役で安藤政信が出演。香港映画祭が4 人の映画作家に短編製作を委嘱するオムニバス企
画『美好2015』の一編。


◎特別イベント 開催予定
2015年11月27日(金) 台湾文化センターにて

<蔡明亮 プロフィール>

1957 年、マレーシア生まれ。77 年に台湾に移り、大学在学中からその才能で注目を集める。91 年、
テレビ映画「小孩」で、後に彼の映画の顔となるリー・カンションを見いだし、92 年彼を主役にし
た『青春神話』で映画デビュー。つづいて発表した『愛情萬歳』、『河』が世界中で絶賛され、世界
の巨匠のひとりとなる。2013 年ヴェネチア国際映画祭にて、『郊遊〈ピクニック〉』を最後に劇場映
画からの引退を表明。現在は、アートフィールドにて、映像作品や舞台演出などを手掛けている。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画賞・映画祭 - ジャンル : 映画

プロフィール

popasia

Author:popasia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR