FC2ブログ

「イランの絵本展 Vol.3」 ~詩にまつわる絵本たち~

プレス写真


「イランの絵本展 Vol.3」 ~詩にまつわる絵本たち~

板橋区立美術館で開かれるボローニャ国際絵本原画展の関連企画展開催中です。
三回目となる今年は「詩にまつわる絵本」を特集しています。



 会場はCafe & Gallery Patina
緑の小道を歩いていくと木々の間にまるで隠れ家のようにひっそりと佇んでるかわいいカフェです。


図書館のような
絵本の数々

 
 ガラス越しに緑が見える気持ち良い明るい店内には、詩に絵が添えられた詩絵本、古典詩が散文化されて絵本になったもの、詩人が物語を書いている絵本、詩人自体が絵本のモチーフになっているものなどが小さな図書館のような空間に展示されています。


1


大好きな絵本
この可愛らしい子供の絵、なんと作者は男性!
可憐なプリント柄の生地の上に絵が描かれています。
カフェテーブルの脚はふるーいミシン!




 「詩の国イラン」ならではの素敵な絵本を手に取って見ることができます。店内の壁には、ルーミー原作でマルジャーンが絵をつけた"The Parrot and the Merchant"の原画、『黒いチューリップのうた』の詩を書いたヴァヒード・シャリーフィヤーンさんの絵もあって、時間がいくらあっても足りません。


マルジャーンの原画
繊細な絵にまたまた感激


 絵本のほか、可愛らしい花柄のオリジナルランチョンマット、オリジナルトートバッグ、ポストカード、缶バッジなどプチプレゼントにもおすすめの可愛らしい小物たちもいろいろあります。


原画とトートバッグ
マルジャーンがカバーを書き下ろした日本の雑誌!


美味しいイランのランチセットもおススメです。

★運が良ければ訳者の愛甲さんから直接絵本のお話を聞くこともできますよ~。
美しい詩と絵本の世界に行ってみよう!



「イランの絵本展 Vol.3」 ~詩にまつわる絵本たち~
7月18日(月・祝)まで開催中
11:30-19:00
★13日休み
場所:Cafe & Gallery Patina
175-0094
東京都板橋区成増3-20-16-101
03-6909-9524


テーマ : ギャラリー展示案内 - ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

popasia

Author:popasia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR