FC2ブログ

第18回東京フィルメックス


第 18 回東京フィルメックス
【2018 年 11 月 17 日(土)〜11 月 26 日(日) 開催】

会場 :【メイン会場】有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)11/18(日)〜11/25(日)
【オープニング/レイトショー会場】TOHOシネマズ 日比谷 11/17(土)〜11/25(日)
【特別上映会場】有楽町スバル座 (11/17(土),11/18(日)のみ)
東京フィルメックス・コンペティション.................................... 10作品
特別招待作品 ......................................................16作品(短編1作品含)
特集上映 アミール・ナデリ ................................................... 4 作品

【東京フィルメックス・コンペティション】(全 10 作品)

『シベル』
トルコ / 2018 / 95分
監督:チャーラ・ゼンジルジ、ギヨーム・ジョヴァネッティ
村を脅かす狼を狩ることで自分の存在意義を証明しようとする少女が、ある日山小屋の中に潜伏する若い男 と出会うが...。

『アイカ(原題)』
ロシア、カザフスタン / 2018 / 100 分
監督:セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ
配給:キノフィルムズ
モスク ワに働きにきたキルギス人女性の過酷な日々を手持ちカメラの激しい映像で見せる。主演のサマル・エスリ ャーモヴァがカンヌ映画祭最優秀女優賞を受賞した。

『マンタレイ』
タイ / 2018 / 105 分
監督:プッティポン・アルンペ
ロヒンギャ難民(ミャンマーのイスラム系住民)の問題を背景に描いた、『消失点』(15)の撮影監督プッティ ポン・アルンペンの監督デビュー作。

『幻の土地』
シンガポール / 2018 / 95 分
監督:ヨー・シュウホァ
シンガポールを舞台に、ある中国人移民労働者の失踪事件から明らかになっていく、この男の過去とは?
ロカルノ映画祭で金豹賞を受賞。

『幸福城市』
台湾 / 2018 / 107 分
監督:ホー・ウィディン
近未来、2056 年の台北を舞台にした刑事の物語がまず描かれ、第 2 部で刑事の青年期が、第 3 部で少年期が 描かれるという、ホー・ウィディンの意欲作。トロント映画祭、最優秀作品賞を受賞。

『自由行』
台湾 / 2018 / 107 分
監督:イン・リャン
中国から香港に移住して活動を続けるイン・リャンが自己の境遇を投影した作品。創作の自由のために自主 亡命せざるを得なかった映画作家の葛藤。

『轢き殺された羊』
中国 / 2018 / 86 分
監督:ペマツェテン
広大なチベットの草原を舞台に、「ジンパ」という同じ名を持つ二人の出会いを現実と幻想を入り交えながら描く。
ヴェネチア映画祭、脚本賞受賞。

『ロングデイズ・ジャーニー、イントゥ・ナイト(仮題)』
中国 / 2018 / 140 分
監督:ビー・ガン
配給:リアリーライクフィルムズ
舞台は中国貴州省の凱里。父の葬儀のために久しぶりに帰郷したルオは、 ネオンに彩られた街を歩く。過去の記憶がルオの脳裏に断片的によみがえる。別れた恋人とのロマンス、ヤ クザとの抗争、そして命を落とした親友の思い出。やがて、ルオは3D作品を上映中の映画館にふらりと入 る......。

『象は静かに座っている』
中国 / 2018 / 234 分
監督:フー・ボー
中国北部の地方都市に暮らす 4 人の登場人物たちの 1 日を描き、世界を驚かせた作品。
ベ ルリン映画祭、国際批評家連盟賞受賞。

『夜明け』
日本 / 2018 / 113 分
監督:広瀬奈々子
配給:マジックアワー
地方の町で木工所を営む哲郎は、ある日河辺で倒れていた見知らぬ青年を助け、自宅で介抱する。シンイチ と名乗るその青年はそのまま哲郎の家に住み着き、彼が経営する木工所で働くようになる。シンイチは徐々 に哲郎に心を開き始める。そして哲郎も、亡くなった息子と同じ名前を持つこの青年に父親のような感情を 抱き始める。しかしその頃、彼らの周りで、数年前に町で起こった事件についての噂が流れ始めた......。

【特別招待作品】
◎オープニング作品
『川沿いのホテル』
韓国 / 2018 / 96 分
監督:ホン・サンス
漢江を望む閑静なホテルで、老詩人と二人の息子、傷心を癒すために宿泊した女性たちが繰り広げる何気な い会話の中に人生の機微、家族、老いといったテーマが投げかけられるホン・サンスの傑作。本年度ロカル ノ映画祭、最優秀男優賞受賞。

◎クロージング作品
『アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト(原題)』

中国 / 2018 / 141 分
監督:ジャ・ジャンクー
配給:ビターズ・エンド

2001 年、中国山西省の大同。ヤクザな稼業で金を稼いでいるビンの愛人チャオは、チンピラたちに取り囲ま れて窮地に陥ったビンを救うため、ビンの銃を威嚇発砲する。警察に逮捕されたチャオはビンを庇って銃の 不法所持の罪で服役する。5 年後、チャオは刑期を終えて釈放されるが、ビンは大同を出て行ってしまって いた。ビンの後を追って三峡の町・奉節を訪れたチャオは、ビンが別の女性と暮らしていることを知る......。 裏社会に生きる男女の関係を社会の変遷とともに描いた。

『エルサレムの路面電車』
イスラエル / 2018 / 90 分
監督:アモス・ギタイ
様々な民族がモザイク状に混在して居住するエルサレムを東西に走る路面電車を舞台に、オムニバス風に緩 やかにつながる幾つかのエピソードをコミカルに見せる。

『ガザの友人への手紙』
イスラエル / 2018 / 34 分
監督:アモス・ギタイ
イスラエルによるガザ封鎖の過激化を受けて発表されたドキュメンタリー。

『名前のない墓』
カンボジア / 2018 / 115 分
監督:リティ・パン
多彩な文学作品を引用しつつ、クメール・ルージュの支配がいかに無軌道であったかが語られていく。

『8 人の女と 1 つの舞台』
香港 / 2018 / 100 分
監督:スタンリー・クワン
舞台復帰をめざすかつてのスターと、同じ舞台で初出演となる人気女優など、8人の女性たちが演技合戦を 繰り広げる華麗なバックステージもの。

『アルファ、殺しの権利』
フィリピン / 2018 / 100 分
監督:ブリランテ・メンドーサ
マニラの暗黒街で展開される麻薬戦争を真正面から扱った衝撃的な作品。

『あなたの顔』
台湾 / 2018 / 76 分
監督:ツァイ・ミンリャン

12 人の人々、それぞれの顔がその人の生きてきた時間を映像の中に象徴的にあぶり出していく。
音楽を坂本龍一が担当。

『盗馬賊』
中国 / 1986 / 88 分
監督:ティエン・チュアンチュアン
1980 年代の中国「第五世代」映画の傑作をデジタル修復版で上映。チベットを舞台に、家族を養うために馬 泥棒を繰り返す男のたどる悲劇を荒涼とした風景の中に描く。

『草の葉』
韓国 / 2018 / 66 分
監督:ホン・サンス
クラシック音楽が流れるカフェという極めて限られた舞台設定の中、言い争う男女を契機に思いもかけぬ人 間関係が次々と展開。


【特集上映 アミール・ナデリ】
アミール・ナデリ監督の 1970 年代にイランで監督した初期作品と、今年、カンヌとヴェネチアで 相次いで上映された脚本作と監督最新作を上映。

◎上映作品
『ハーモニカ』
イラン / 1974 年 / 75 分
監督:アミール・ナデリ
ペルシャ湾に面した海辺の村を舞台にハーモニカの所有をめぐって子供たちが引き起こす騒動を描く。

『期待』
イラン / 1974 年 / 43 分
監督:アミール・ナデリ
イラン南部の海辺の村を舞台に、氷でいっぱいにした ガラスの器を氷がとけないうちに家に持ち帰ろうとする少年の行動を一切の台詞を排して描く。

『華氏 451(2018)』
アメリカ / 2018 年 / 102 分
監督:ラミン・バーラニ/ 脚 本:アミール・ナデリ
提供:スターチャンネル

主人公は、書物を読むことが禁じられた世界で、 書物を燃やす職業“ファイアーマン”として働くガイ。

『マジック・ランタン』
アメリカ / 2018 年 / 88 分
監督:アミール・ナデリ
古びた映画館で映写技師として働く若者を主人公に、現実と幻想、映画へのオマージュが混淆された現代のお伽噺。


スポンサーサイト



テーマ : 映画賞・映画祭 - ジャンル : 映画

【アジアフォーカス・福岡国際映画祭】開催中!


【アジアフォーカス・福岡国際映画祭】
9月23日(日)まで開催中。
今週末の3連休、アジア各国・地域から話題の新作、話題作を集めた【アジアフォーカス・福岡国際映画祭】で映画三昧もいいですね〜。


『ぶれない男』
A Man of Integrity
2017年/イラン/117分
監督 : モハマド・ラスロフ

『父への電話』
A Call to Father
2017年/カザフスタン/104分
監督 : セリック・アプリモフ

『腕輪を売る男』
Balekempa
2018年/インド/103分
監督 : イーレー・ガウダ

『バスは夜を走る』
Night Bus
2016年/インドネシア/131分
監督 : エミル・ヘラディ

『ダイ・トゥモロー』
Die Tomorrow
2017年/タイ/75分
監督 : ナワポン・タムロンラタナリット

『別れの花』
Malila: The Farewell Flower
2017年/タイ/99分
監督 : アヌチャー・ブンヤワッタナ

『十字路』
Crossroads
2017年/マレーシア/81分
監督 : ナム・ロン

『光(ひかり)』
Guang
2018年/マレーシア/88分
監督 : クイック・シオチュアン

『仕立て屋 サイゴンを生きる』
2017年/ベトナム/100分
監督 : チャン・ビュー・ロック、グエン・ケイ

『なあばす・とらんすれいしょん』
Nervous Translation
2017年/フィリピン/90分
監督 : シェリーン・セノ

『冥王星の時』
The Pluto Moment
2018年/中国/110分
監督 : チャン・ミン

『大楽師』
Concerto of the Bully
2017年/香港/95分
監督 : フォン・チーチアン

『大仏+』
The Great Buddha +
2017年/台湾/104分
監督 : ホアン・シンヤオ

『小美(シャオメイ)』
Xiao Mei
2018年/台湾/96分
監督 : ホアン・ロンシェン

『僕の帰る場所』
Passage of Life
2017年/日本・ミャンマー/98分
監督 : 藤元明緒


《フィリピン映画特集》
『聖なるカオスに魅せられて』
フィリピン映画100年を記念、「聖なるカオスに魅せられて」と題して、今後のフィリピン映画を担う若手の傑作を紹介。

『なあばす・とらんすれいしょん』
Nervous Translation
2017年/フィリピン/90分
監督 : シェリーン・セノ

『バガヘ』
The Baggage
2017年/フィリピン/91分
監督 : ジグ・ドゥライ

『影の内側』
Smaller and Smaller Circles
2017年/フィリピン/111分
監督 : ラヤ・マーティン

『嘆きの河の女たち》
Women of the Weeping River
2016年/フィリピン/95分
監督 : シェロン・ダヨック

『水の中のほくろ』
Speck in the Water
1976年/フィリピン/120分
監督 : イシュマエル・ベルナール


テーマ : 映画賞・映画祭 - ジャンル : 映画

第18回東京フィルメックス2017 受賞結果が発表‼!


見えるもの、見えざるもの
『見えるもの、見えざるもの』


今年は審査員特別賞がなく、最優秀作品賞が2作品選ばれました

★最優秀作品賞 
『殺人者マルリナ』 Marlina the Murderer in Four Acts
(モーリー・スリヤ/インドネシア、フランス、マレーシア、タイ/2017年/95分)

『見えるもの、見えざるもの』 The Seen and Unseen
(カミラ・アンディニ/インドネシア、オランダ、オーストラリア、カタール/2017年/86分)

★観客賞
『ニッポン国VS泉南石綿(いしわた)村』  Sennan Asbestos Disaster
(原一男/日本/2017/215分)

★学生審査員賞
『泳ぎすぎた夜』 The Night I Swam
(ダミアン・マニヴェル、五十嵐耕平/日本、フランス/2017年/79分)

★タレンツ・トーキョー・アワード2017
『I wish I could HIBERNATE』 (ゾルジャーガル・ピュレヴダッシュ/モンゴル)

★スペシャル・メンション
『Doi Boy』 (スパッチャ・ティプセナ/タイ)

テーマ : 映画賞・映画祭 - ジャンル : 映画

第18回東京フィルメックス、関連イヴェント



東京フィルメックス映画祭の開催期間中、様々なテーマでフォーラムやトークショー、レクチャーなどがあります。
すべて入場無料。映画を取りまく世界の事象について、垣間みることのできるチャンスです。

(1)国際批評フォーラム
日時:11月19日(日)12時から14時(プレス受付11時40分)
会場:有楽町朝日スクエアB(有楽町マリオン11F)
※一般対象、入場無料、当日先着順、日本語同時通訳つき

基調講演:
 ジャン=ミッシェル・フロドン(仏/映画評論家)

ラウンドテーブル登壇者:
 ジャン=ミッシェル・フロドン(仏/映画評論家)
 クラレンス・ツイ(香港/映画評論家)
 クリス・フジワラ(アメリカ/映画評論家)
 齋藤敦子(日本/映画評論家)

司会:市山尚三(東京フィルメックス プログラム・ディレクター)

内外の優れた批評家を招き、現在のアジアにおける批評を検証し、2020年以降の映画批評の新たな形を探ります。


(2)字幕翻訳セミナー 

日時:11/19(日)18:05から19:05(プレス受付17:45)
会場:有楽町朝日スクエア(有楽町マリオン11F)
※入場無料、当日先着順

講師:齋藤敦子(映画評論家、字幕翻訳家)
司会:樋口裕子(字幕文化研究会、翻訳家)

私たちが外国映画を観る時に当たり前のように読んでいる日本語字幕についてその難しさや面白さを踏まえ、経験豊かなプロフェッショナルを講師にお招きし、実際に字幕翻訳を体験します。
今年は特別招待作品として上映される『サムイの歌』を題材に、実際の映像や字幕テキストを使用して、参加者にも発表していただく機会があります。

(3)タレンツ・トーキョー2017<オープン・キャンパス> 

「世界の映画祭を活用する広報戦略」
11/23(木・祝)13:00から14:00(プレス受付12:40)
会場:有楽町朝日スクエア(有楽町マリオン11F)
※入場無料、事前予約制、同時通訳あり
詳細・お申し込みは〈http://talents-tokyo.jp〉

講師:リチャード・ローマンド氏
  (コミュニケーション・ストラテジスト、フィルム・プレス・プラス代表)

タレンツ・トーキョーの授業の一端を体験できる貴重な機会です。

(4)国際批評フォーラム フィードバック 

日時:11月26日(日)12時40分から13時40分(プレス受付12時20分)
会場:有楽町朝日スクエアB(有楽町マリオン11F)
当日先着順、日本語のみ、入場無料

講師:齋藤敦子(映画評論家・字幕翻訳家)
   古賀重樹(日本経済新聞社 文化部 編集委員)

一般から応募のあった批評の中から数本を映画祭事務局が選び、講師2名に講評を述べます。また、フォーラムで語られた内容を受けて、今年のフィルメックスで上映された作品について参加者と語ります。


テーマ : 映画賞・映画祭 - ジャンル : 映画

第18回東京フィルメックス、いよいよ今週末18日(土)より開催です。

文字色
第18回東京フィルメックス

2017年11月18日(土)-11月26日(日)
会場 :有楽町朝日ホール(メイン会場:11月19日~11月26日)
TOHOシネマズ日劇(オープニング「日劇1」、レイトショー会場「日劇3」:11月18日~11月26日)

◎公式サイト
www.filmex.net



映画祭ならではのお楽しみの一つが、映画を見終わった後、監督や出演者が登壇してのQ&Aコーナーですね。
以下Q&Aに出演予定の監督の予定です。
お気に入りの作品&監督の登壇予定日時をぜひチェックしてみてくださいね~

11/18(土)
19:10~開会式+『相愛相親』 シルヴィア・チャン監督

19(日)
14:30『山中傳奇』 シルヴィア・チャン

20(月)
13:20『天使は白をまとう』 ヴィヴィアン・チュウ監督

21(火)
11:20『シャーマンの村』 ユー・グァンイー監督
14:40『氷の下』ツァイ・シャンジュン監督
18:20『サムイの歌』ペンエーグ・ラッタナルアーン監督

22(水)
12:40『ジョニーは行方不明』ホァン・シー監督
18:50『馬を放つ』アクタン・アリム・クバト監督

23(木・祝)
17:50『東京ヴァンパイアホテル 映画版』園子温監督

24(金)
10:00『とんぼの眼』シュー・ビン監督
21:15『殺人者マルリナ』モーリー・スリヤ監督

25(土)
10:00『ニッポン国vs泉南石綿村』原一男監督
21:15『見えるもの、見えざるもの』カミラ・アンディニ監督

26(日)
10:30『暗きは夜』アドルフォ・アリックス・jr監督

テーマ : 映画賞・映画祭 - ジャンル : 映画

プロフィール

popasia

Author:popasia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR